聖地エルサレム滞在記


世界3大宗教の聖地があるエルサレムという町での生活を、思いつくままに日々綴っております。
by yabani2
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:エルサレムの日常( 16 )

The Wailing Wall (The Western Wall)

f0193757_7524686.jpg先日、アメリカ人の友人と一緒に夜の旧市街へ繰り出しました。

旧市街と言うものは、夜になると独特の雰囲気をかもし出します。

イエメン・サナアの旧市街でも、昼と夜では全く別の顔を見せてくれます。

この豆球の明かりが茶色っぽい建物や石畳に映えるんでしょうね。



f0193757_848152.jpgイスラエル軍によるセキュリティ・チェックを抜けると、そこにはユダヤ教の聖地である「嘆きの壁(別名:西の壁)」が姿を現します。

土曜日の夜に行ったので、ものすごい人だかりでした。

金曜日の夕暮れから土曜日の夕暮れまでは、ユダヤ教徒の安息日。

その安息日明けの土曜日の夜は、レストランもショッピングモールも、どこもかしこも人でいっぱいになるのです。



f0193757_8192.jpgみんなユダヤ教の経典を読みながら必至に祈って(嘆いて?)います。

いつもながら、こういうところで旅行者然として写真をパシャパシャ撮るのって苦手なんですよね、なんか「このふとどき者!」って怒られそうで・・・。

あ、ちなみに金曜の夜から土曜日の夕方にかけて(つまりユダヤ教徒の安息日の間)は、ここで写真を撮るとマジで怒られます。

安息日の間は一切の労働を禁じられていますので、「カメラのボタンを押す=労働」なので禁じられています。

なので、金曜の夜から土曜日のお昼にかけて観光に行っても、ここでは一切写真を取ることができませんので(ちゃんと見張ってる人がいます)、もしエルサレム滞在が1日しか無いというような人は気をつけましょう。



f0193757_884052.jpgそうこうしているうちに、なんか騒がしい団体が入ってきたと思ったら、壁から少し離れたところでいきなり輪になって踊り始めました。

ユダヤ教徒が輪になって踊ると言えば「マイムマイム」。

あれってユダヤ教徒の踊り(イスラエルの民族舞踊?)なんですよね。

小学校の時にフォークダンスとともに良くやった記憶があります。

ついでにイエメンのジャンビーヤダンスも思い出しましたが・・・。



f0193757_8131230.jpgもう一つ物珍しいのが、彼らの格好ですよね。

色んなパターンの人がいますが、基本的に白シャツ以外は全て黒でコーディネートされています。

黒のスーツ姿に帽子の人、黒いコートを着た上にえらいでっかい帽子を被ってる人、もみ上げをビロンビロンさせている人。

敬虔なユダヤ教徒は、一生もみ上げを切らないそうです。

なんでだろう・・・?



f0193757_849827.jpgこの壁の周辺は、今はきれいに何も無くだだっ広い空間になっていますが、1967年にイスラエルがここを占領する以前はアラブ人たちの家や商店があったのです。

それらの建物数百件をなぎ倒して、そこに住んでいたアラブ人たちを別の場所に強制移住させて、このような広大な空間を作り出したのです。

2000年以上も前の遺跡を立派な聖地に仕上げるために、そこに住んでいたアラブ人たちの生活を破壊する・・・、一体全体どちらを嘆くべきなのでしょうか。

[PR]
by yabani2 | 2008-11-02 08:52 | エルサレムの日常

Moved into my apartment!

f0193757_73315.jpg

エルサレムに到着して約1ヶ月。

ようやく自分のアパートに入ることができました♪

とは言え、これまで住ませてもらっていた同僚宅は、職場から徒歩3分。

今の自分のアパートは、混雑していない時で職場まで車で約10~15分の距離。

朝の混雑時には、30分ぐらいかかってしまいます・・・。

なのでこちらに越してきて以来、これまでより早起きしています。


エルサレムの車の運転は、イエメンに比べれば天国です。

みんな自分のレーンを走っているし、信号もきちんと守ります(基準が低いですね・・・)。

イエメンで車を運転している時のストレスの半分以下のストレスで、快適に走ることが出来ます。


インターネットもようやく繋がりましたので、これからはもう少しきちんと更新しますね。
[PR]
by yabani2 | 2008-10-29 07:15 | エルサレムの日常

Taybeh Oktoberfest

f0193757_4223813.jpg

パレスチナ自治区西岸地区にあるタイベという町の名物である「オクトーバーフェスト」に行ってきました♪

え?オクトーバーフェストってドイツの名物じゃなかったけ?と思われた方、その通りです。

ただこのタイベという町でも、2005年から毎年この時期にビール祭りをやってて、きちんとドイツの支援の下、オクトーバーフェストを行っているのです。


f0193757_426938.jpgタイベという町は、人口わずか1,500人程度の小さな町。

パレスチナ自治政府の政府庁舎があるラマッラの近くにある、キリスト教徒が多く住む町です。

この町では1995年以来、保存料や添加物を一切使用しないオーガニックビールを生産しているのですが、イスラエルの占領政策のため、パレスチナ自治区内の他の町や国外への輸出が厳しく制限されているのです。

そこで始まったのが、この「オクトーバーフェスト」。

パレスチナ内において、パレスチナ人やモノの移動を厳しく制限するイスラエルの占領政策のおかげで、めっきり冷え込んでしまったパレスチナ経済を刺激する良いイベントです。



f0193757_435989.jpgビールはもちろんですが、子供たちが楽しめるような配慮もなされています。

しかしビックリしたのは、このイベントに参加する外国人の数。

まあ僕もその一人なのですが、ものすごい数の外国人が来ていました。



f0193757_438597.jpg会場ではビールはもちろん、有名なパレスチナ刺繍などの手工芸品、サンドイッチ屋さん、お菓子屋さんなどが所狭しと並んでおりました。

そして、足の踏み場も無いほどの客の数。

このイベントは大成功です。



f0193757_4413780.jpgそして肝心のタイベ・ビールですが、これがなんとも美味!

オーガニックだからなのか、自然な味で飲みやすく、とても美味しい。

ちなみに普通のビールと黒ビールもあります。

瓶ビールもありますが、やっぱり生が美味しいですね♪

イスラエルが作っている「マカビー」というビールは「バ○ライト」みたいに味が薄くてマズイので、もしタイベ・ビールがイスラエルに入ってきたら一気に駆逐されるだろうなぁ。

イスラエル側はそれを恐れて、タイベ・ビールをイスラエル領内に入れないのかもしれないですね。



f0193757_4461362.jpg屋外会場の方では、生バンドの音楽に合わせてすでにみんな踊り始めていました♪

これは、東地中海地方で伝統的に踊られる「ダブケ」という踊り。

飛び跳ねたり上下運動も結構激しく、踊るとかなり疲れます。

ここまで外国人も参加して盛り上がるイベントは、パレスチナ内ではほとんど皆無に等しいと思うので、とにかく皆楽しそうでした。



f0193757_449768.jpg僕は同僚の車で連れてきてもらっていたため、同僚が帰るのに合わせて夜の9時ごろにはエルサレムに戻ったのですが、残っていた他の同僚たちは夜中の12時頃まで盛り上がっていたようです。

こんな楽しいイベントなら1年に1回と言わずに、半年か3ヶ月に1回ぐらい開催して欲しいものです。



f0193757_4581414.jpgこのオクトーバーフェストは、僕がエルサレムに来て以来最も楽しい出来事でした。

これからどんな楽しいイベントが待っているのか、これからの生活が楽しみになってきました。

[PR]
by yabani2 | 2008-10-13 05:00 | エルサレムの日常

Yom Kippur

f0193757_8443192.jpg今日はユダヤ教の休日「ヨム・キプール(大贖罪日)」

ユダヤ教徒はこの日一日、一切の労働を禁じられます。

労働と言っても「じゃあ働かなければ良いのか」ってことではなくて、実際は何もしてはいけないということなのです。

食事をすることも、車を運転することも、極端な例ではエレベーターのボタンを押すことすらも許されないということらしいです。

しかもそれは強制的なもので、今日一日エルサレムの主要道路はブロックが置かれて閉鎖されていました。

これはユダヤ教徒以外の人にとっては、ただの迷惑以外の何物でもありません。

しかも酷いのは、厳格なユダヤ教徒がこの日に走っている車などを見かけると、石を投げつけてきたりすることが結構あるということです。

そんな理由で、今日は職場に行かずに家で働いておりました。



f0193757_10101262.jpgさて、午後勤務時間を終えた後、シャワルマを食べに行きました♪

エルサレムは夜が早く、夜の7時ごろにはシャワルマ屋さんも閉まってしまうので、夕方のうちに食べに行きました。

写真では肉が見えませんが、奥にちゃんと入っています。

う~ん、B級グルメだけど美味しい。



f0193757_901415.jpgその後ブラブラと歩いて、夜のお散歩へ。

今住んでいるのが旧市街のすぐ近くなので、旧市街の辺りをブラブラと歩いてきました。

写真は、旧市街に7つ(8つ?)ある門の一つ「ダマスカス門」

いつも観光客や地元の人たちでごった返しています。

ヨム・キプールはイスラム教徒やキリスト教徒には何の関係も無いので、ここら辺りはいつも通り大勢の人がいました。



f0193757_973775.jpg今日は夕焼けがとてもきれいでした。

明日は、仕事で西岸(パレスチナ自治区)の方へ同僚たちと行ってきます。

エルサレムからまだ出たことが無いので、ちょっと嬉しいけどドキドキ。

[PR]
by yabani2 | 2008-10-10 02:52 | エルサレムの日常

Got a new mobile phone!

f0193757_4485327.jpg

やっと職場から携帯電話が支給されました!

やっとと言っても、まだ職場に行き始めて4日目なので結構早い方なのでしょう。

こんなところは現代人で、1日でも携帯電話が無いとなんだか不安になります。

しかしこんな最新型のオシャレな携帯電話がもらえるとは思ってもいなかったので、かなり気分がアガりました(笑)。

しかもほぼ新品で、まだ画面とか裏側にあるカメラのレンズには薄いフィルムが付いています。

前の職場から支給されていた携帯がかなりオンボロ古い型の携帯だったので、今回もあまり期待していなかったんですよねぇ。

なので、今日は一日ハッピーでした♪
[PR]
by yabani2 | 2008-10-08 05:02 | エルサレムの日常

I'm in Jerusalem!

さりげなく初めてみました、「聖地エルサレム滞在記」。

まだ到着して5日なのですが、色んなことがありすぎて、そして色んな人に会いすぎて、もう2~3週間ぐらい経ったような気がしています。

とりあえず、エルサレムはこんな感じです。


f0193757_2513069.jpgテルアビブ近郊にある「ベングリオン空港」。

エルサレムには空港が無いため、エルサレムに来るためには、このベングリオン空港に降り立って車でエルサレムまで来るか、ヨルダンのアンマンから車で来るかのどちらかになります。

アンマンから行くと国境があったり、治安上少々問題のあるヨルダン川西岸地域を通過する必要があるため、僕はベングリオン空港からエルサレムへ行きました。

この写真は出発ロビーだと思うのですが、天井がくりぬかれていて、天井から下へ水が滴り落ちています。

なかなかオシャレなセンスです。



f0193757_257540.jpgイスラエルのお金

このお金はイスラエルとパレスチナ自治区で使用されています。

パレスチナ自治区は自分たちの通貨を持つことが許されていないため、にっくき敵国イスラエルのお金を使っています。

どういう感情なんだろうか・・・。



f0193757_2595443.jpgエルサレム旧市街で飲んだマンゴージュース

イエメンで飲んで以来飲んでいなかったマンゴージュースを、久しぶりに飲みました♪

まずこの巨大さにビックリ!

これビールの大ジョッキぐらいあります。

結構高かったので観光地値段なのかなと思って頼んだら、こんな巨大なマンゴージュースが目の前にドンと置かれました(笑)。

イエメンのはドロッとしててめちゃめちゃ濃厚なのですが(飲むとさらにのどが渇くぐらい濃厚です・・・)、こちらのはサラッとしてて糖度が高いような気がしました。

美味しかったです。

こんな感じでチョコチョコ更新していきますので、これからも宜しくお願いします。
[PR]
by yabani2 | 2008-10-06 03:05 | エルサレムの日常