聖地エルサレム滞在記


世界3大宗教の聖地があるエルサレムという町での生活を、思いつくままに日々綴っております。
by yabani2
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Here again...

f0193757_844182.jpg

また来てしまいました・・・。

こんなに早く、またここに戻ってくることが出来るとは思っていませんでした。

まあ前回来たときは3人部屋のドミトリーで、しかもその他大勢と共同トイレ・シャワー。

しかし今回は仕事で来たこともあり、このような素晴らしいホテルに泊まらせてもらっています。

今日は天気が良くて空がとってもきれかったです。


f0193757_849592.jpg

そしてホテルの裏庭を抜けると、目の前には地中海が♪

冬なので風も強くて肌寒いですが、なんとも雰囲気があります。

前来たときは夏だったんですよね。

暑すぎてそれはそれで疲れたけど、やっぱり観光シーズンだったので遅くまで店も開いていたし、街中は観光客で賑わっていました。

でも、今は冬。観光客はほとんどいません。

つまり店なんかも結構閉まっちゃっています。

同じところに来ても、季節が違うと印象が全く違いますね。

あと数日の滞在の間にいくつか行きたいところがあるのですが、仕事も結構忙しく、果たして行くことができるのかどうか・・・。
[PR]
by yabani2 | 2008-11-29 09:01 | 旅行

Life in Jerusalem...

f0193757_2128317.jpg

こちらで車を運転するようになってから、ようやくエルサレムの町がなんとなく分かってきました。

やっぱり車に乗ると道も覚えるし、車が無いと行けない所にも簡単に行けるようになって、とても便利です。

ただ、やっぱり道を良く分かっていないので、間違ってエルサレム市内から出てしまったり、分離壁に突き当たったりします。

一旦エルサレム市内から出てしまうと、またいちいちイスラエル軍による検問を通ってエルサレム市内に入らなければならなくなり、結構面倒くさいです。

わかりやすく言うと、アメリカとメキシコみたいなものでしょうか。

出るのは何のチェックも無く簡単だけど、もう一度戻ってくるのが大変です。

上の写真は、旧市街の南部にあるタルピオットという場所にある小高い丘から撮った写真です。

この週末にその近くに行く用事があったので、ついでにここにも寄って写真を撮ってきました。

この辺りは緑の多い公園みたいになっていて、観光客はもちろんですが、地元の家族連れや老夫婦も良く見かけます。

真ん中辺りに旧市街の壁と、黄金に光り輝く岩のドームが見えますでしょうか。


f0193757_2135056.jpg

これは、かの有名なオリーブ山から撮った写真です。

旧市街全景の写真で有名なものは、ほとんどここから撮られたものだと思います。

ここにも車があれば簡単に行けます。

こんな世界的に有名な景色を、週末とかにちょっと車を15分飛ばして見に行けると考えると、本当に贅沢なところに住んでいるなと実感します。

エルサレムで生活を始めて1ヶ月半。なんだかんだとバタバタしており仕事も忙しいので、少々更新が遅れ気味ですが、これからもマイペースで書いていきます。
[PR]
by yabani2 | 2008-11-23 21:52 | エルサレムの日常

Kippa Man!

f0193757_046464.jpg
「キッパ(KIPPA)」

ユダヤ教徒の男性が頭につけている小さな帽子のことです。

小さいので、落ちないように髪の毛にクリップで留めています。

髪の毛の無い人はどうするんだろう・・・。

もう少し大きめの帽子もあるので、髪の毛の無い人は大きめの帽子をすっぽりと被っているのでしょう・・・、たぶん。



f0193757_1515565.jpgキッパと一言で言っても、色んなキッパがあります。

民族衣装ですが、店頭では色々とオシャレな模様のものが売られています。

宗教的な感じではなくて、帽子のような感覚で気軽に付けている人もいるんでしょうね。



f0193757_1561196.jpgユダヤ教徒のたくさんいる西エルサレムを歩くと、キッパ専門店を結構見かけます。

キッパ専門店のチェーン店もあります。

その名も「キッパマン」!(笑)

なんとも単純なネーミングだ・・・。



f0193757_1581540.jpgなんかこの展示を見ていると、7月に行ったオマーンで見た「オマーン帽」を思い出してしまいました。

今回こそは、一個買っとこうかな。

別に使う予定はありませんが・・・。

[PR]
by yabani2 | 2008-11-17 02:09 | エルサレムの日常

Military guy at a cafe...


f0193757_693913.jpgこの写真は普通のカフェで撮ったものです。

エルサレムにいると、このような光景に良く出くわすのですが(テルアビブや他の町でもそうかもしれません)・・・、

え?別に普通のカップルじゃないの?と思ったアナタ。

男性の持っているものを、良~く見てください。



f0193757_6111313.jpgなんと、マシンガンを持っているのです!

カフェやレストランに行っても、旧市街を歩いていても、観光名所をブラブラしていても、とにかく良く軍人を見ます。

とっても普通にそこらへんにいます。

暴発したらどうする?とか考えていると、普通に生活していられません。

こうやって見ていると、彼氏や彼女、友人たちと人生を楽しむ普通の若者たちです。

でもチェックポイントなんかでパレスチナ人と対峙すると、武器も持たない子供相手に銃をぶっ放してしまう恐ろしい兵士になってしまいます。

話をしてみると、意外と日本好きな若者だったりします。

イスラエル/パレスチナのなんだか異常な日常です・・・。

[PR]
by yabani2 | 2008-11-12 06:26 | エルサレムの日常

Old city walk

f0193757_19105646.jpgエルサレムの旧市街。

イエメンの旧市街と同じくらい歴史がありますが、色々と改装がなされているのか、結構こぎれいな感じがします。

ちなみに、ここはユダヤ教徒地区。

旧市街の中にはユダヤ教徒地区、イスラム教徒地区、キリスト教徒地区、アルメニア人地区がありますが、どんどんユダヤ人街が拡大していると言います。

これは、前にも書いたようなイスラエル側による強制的な没収に加え、きちんとお金で土地を買い進めているという事実もあるようです。



f0193757_1919347.jpgユダヤ教徒地区には、このように黒い正装をした人たちを多く見かけます。

しかし、いちいち出かける時はこんな格好をしないといけないのでしょうかね。

ジーンズ履いたりとか、軽装はしないんでしょうかね。



f0193757_19222141.jpgこれはキリスト教徒地区。

かの有名なビア・ドロローサ(悲しみの道)で撮った写真です。

ちなみに、キリスト教徒地区を歩いていても、別にみんながこのような格好をしているわけではないです。

この人は、たぶん大司教とかなんかそういう偉い地位に就いている人だと思います。

ビア・ドロローサとは、約2000年前にイエス・キリストが死刑判決を受けた後に、ゴルゴダの丘まで十字架を背負わされて歩いたという道です。

今は観光客で溢れて世俗的な雰囲気がプンプンしているので、なんかそんなすごい歴史的なことが起こった場所だとはすぐにはピンと来ません。



f0193757_19255684.jpgこちらはイスラム教徒地区で撮った、ファラーフェルを作っているおじさん。

ダマスカス門から旧市街へ入った辺り一帯がイスラム教徒地区となっています。

なんだかこの辺りが一番落ち着くのは気のせいでしょうか(笑)。

イエメンの旧市街にも似ていて親しみが沸きます。



f0193757_1936474.jpgあら、何か見覚えのあるものが・・・!

イエメンで見たのと同じようなアザーンクロックが、道端の屋台に転がっていました(笑)。



f0193757_19383835.jpgこのディスプレイ感覚が何ともアラブ。

こういうのは、キリスト教徒地区やユダヤ教徒地区では絶対に見かけません。

まあ、そこに親しみが沸くわけですが・・・。

[PR]
by yabani2 | 2008-11-08 19:47 | エルサレムの日常

The Wailing Wall (The Western Wall)

f0193757_7524686.jpg先日、アメリカ人の友人と一緒に夜の旧市街へ繰り出しました。

旧市街と言うものは、夜になると独特の雰囲気をかもし出します。

イエメン・サナアの旧市街でも、昼と夜では全く別の顔を見せてくれます。

この豆球の明かりが茶色っぽい建物や石畳に映えるんでしょうね。



f0193757_848152.jpgイスラエル軍によるセキュリティ・チェックを抜けると、そこにはユダヤ教の聖地である「嘆きの壁(別名:西の壁)」が姿を現します。

土曜日の夜に行ったので、ものすごい人だかりでした。

金曜日の夕暮れから土曜日の夕暮れまでは、ユダヤ教徒の安息日。

その安息日明けの土曜日の夜は、レストランもショッピングモールも、どこもかしこも人でいっぱいになるのです。



f0193757_8192.jpgみんなユダヤ教の経典を読みながら必至に祈って(嘆いて?)います。

いつもながら、こういうところで旅行者然として写真をパシャパシャ撮るのって苦手なんですよね、なんか「このふとどき者!」って怒られそうで・・・。

あ、ちなみに金曜の夜から土曜日の夕方にかけて(つまりユダヤ教徒の安息日の間)は、ここで写真を撮るとマジで怒られます。

安息日の間は一切の労働を禁じられていますので、「カメラのボタンを押す=労働」なので禁じられています。

なので、金曜の夜から土曜日のお昼にかけて観光に行っても、ここでは一切写真を取ることができませんので(ちゃんと見張ってる人がいます)、もしエルサレム滞在が1日しか無いというような人は気をつけましょう。



f0193757_884052.jpgそうこうしているうちに、なんか騒がしい団体が入ってきたと思ったら、壁から少し離れたところでいきなり輪になって踊り始めました。

ユダヤ教徒が輪になって踊ると言えば「マイムマイム」。

あれってユダヤ教徒の踊り(イスラエルの民族舞踊?)なんですよね。

小学校の時にフォークダンスとともに良くやった記憶があります。

ついでにイエメンのジャンビーヤダンスも思い出しましたが・・・。



f0193757_8131230.jpgもう一つ物珍しいのが、彼らの格好ですよね。

色んなパターンの人がいますが、基本的に白シャツ以外は全て黒でコーディネートされています。

黒のスーツ姿に帽子の人、黒いコートを着た上にえらいでっかい帽子を被ってる人、もみ上げをビロンビロンさせている人。

敬虔なユダヤ教徒は、一生もみ上げを切らないそうです。

なんでだろう・・・?



f0193757_849827.jpgこの壁の周辺は、今はきれいに何も無くだだっ広い空間になっていますが、1967年にイスラエルがここを占領する以前はアラブ人たちの家や商店があったのです。

それらの建物数百件をなぎ倒して、そこに住んでいたアラブ人たちを別の場所に強制移住させて、このような広大な空間を作り出したのです。

2000年以上も前の遺跡を立派な聖地に仕上げるために、そこに住んでいたアラブ人たちの生活を破壊する・・・、一体全体どちらを嘆くべきなのでしょうか。

[PR]
by yabani2 | 2008-11-02 08:52 | エルサレムの日常